Loading images...

お知らせ

  • 題60回 全中美 拡大理事総会(長野)

    29年度 全造長野大会において、全中美の拡大理事総会を開催いたします。 日時・・・平成29年11月17日(金)午前10時20分開会 場所・・・佐久平交流センター

実践事例

  • 東京都の実践事例

    荒川区立諏訪台中学校の実践(表現・デザイン) 荒川区立第五中学校の実践 (表現・粘土)

全中美通信

  • 会長挨拶

    新しい時代と社会に対応する中学校美術教育を推進する 全国中学校美術教育連盟理事長 須藤 昭人 (東京都日野市立七生中学校長) 文部科学省では、2030年の社会と子供たちの未来を想定して、学習指導要領の改訂に向けた準備が進められています。教育課程特別部会の資料では、予測できない未来に対応するために、社会の変化に主体的に関わり合い、その過程を通して、一人一人が自らの可能性を最大限に発揮し、よりよい社会と幸福な人生を、自ら作り出していくことの重要性が示されました。知り得た知識をもとに、子供たちに「何ができるか・どう使うか・どう関わるか」という、学びの活用の場面が示されています。造形美術教育においては、こうした改訂の趣旨を踏まえて研究を進めていくことが重要になります。 全国の美術教育関係者がつながりを拡げ、美術教育の未来を切り開いていくために、子供たちの思いや考えを大切にしながら、学びの発露の場面といえる創造活動の中で、「つながりの中に生まれるもの」を目指した教育活動がさらに活発になるためにも、連盟の取り組みがその一助になれることを願っています。

各地域から

  • 山形県の研究実践

    山形県造形教育研究協議会 西置賜大会 22年度研究紀要 表紙 22年度大会挨拶 22年度大会主題